GLASSES

視力に関する基礎知識

正視

眼内に取り入れられた光は、主として角膜と水晶体で屈折されるのですが、無限遠からの平行光線が、網膜に丁度焦点が合い、明瞭な映像が得られる屈折の状態を正視といいます。 眼軸の長さと屈折力が釣り合っているのです。

この正視以外の屈折状態を屈折異常といいます。
それは遠視・近視・乱視です。
※なお屈折の定義は、調節をゆるめた状態をいいます。

遠視

眼軸の長さに対して、眼の屈折力が網膜に焦点を合わすには弱くて、焦点が網膜の後方にいってしまうのです。子どもでは先天性に遠視であることが多く、強い場合は斜視や弱視になることもあります。
また、成人では屈折力の不足を調節で補おうとして、眼精疲労が起こりやすいのです。そこで遠視には図のように凸レンズ(メガネかコンタクトレンズ)で不足の屈折力を補う必要があります。

近視

眼軸の長さに対して、屈折力が強すぎて、焦点が網膜の手前に結ぶ状態です。
したがって遠見は見にくいですが、近見は比較的見やすいのです。そして学童期に多くみられ、環境因子に影響を受けやすいとされています。
眼軸長が非常に長くなる強度近視は、眼球が後方に引き伸ばされるため、網膜の変性や網膜剥離を起こしやすいので注意が必要です。
矯正は図のように強すぎる屈折を凹レンズで差し引けば良いのです。

乱視

遠視や近視と異なって、外からの光が一つの点として焦点を結ばない屈折を乱視といいます。図は眼の経線(地球儀で理解してください)で、この経線ごとの屈折力が異なるために乱視がおこるのです。
その理由の大部分は角膜のわい曲が正しい球面になっていない角膜乱視で、ときに水晶体乱視もみられます。この乱視の矯正は円柱レンズが使われます。

調整

近くにある物体や文字をみるときには、調整筋を働かせ、水晶体の屈折力を強めて見る働きのことをいいます。
この働きが病的な不全麻痺を起こすこともありますが、通常は加齢いよって水晶体の弾力性が低下して、近くの物にピントを合わせるのに必要な屈折力が不足になります。
必要な屈折力はおおむね3D(ジオプター)ですので、43~45歳ころから難しくなります。それを老視年齢といい、調整の不足分を補うメガネを老眼鏡といいます。

引用:湖崎 克 日本眼鏡技術専門学校

ページトップ