GLASSES

はじめてのメガネ選び

レンズの選択

レンズの焦点は、単焦点、累進屈折力(遠近、中近、近近)、二重焦点など多彩にあります。
使用目的から的確なレンズ選択のアドバイスをします。

フレームの選択と重心

フレームは軽いほど良いわけではありません。
重量そのものよりもレンズが入ったときの重心の位置が大切です。
店頭展示の状態では矯正レンズが入っていないので、実際の矯正レンズが入ったときとでは、重心の位置が違います。
展示品の状態ではかけ心地に問題がなくても、実際にできあがったときに、レンズ面が重たくなってずり落ちやすいなどの問題が発生することがあります。

用途と自分に合ったレンズ、フレームを選ぶことが重要です。

上手なメガネの選び方

・レンズ度数の強度なかたは、軽いフレームは慎重に選びましょう。
・似合う、似合わないだけで決めずに、使用目的にあったフレームを選びましょう。
・最近では、眼鏡店の店頭で似合う、または好きなフレームがあればこのフレームでという
 なかばセルフ方式の眼鏡販売は間違いです。
・フィッティング調整や修理ができるフレームかどうかを担当者に確認すること。
 ニキヨーでは全店で実施しております。
・適性な玉型サイズのものを選びましょう。レンズ面のたて幅もそうですが、
 鏡で確認してみてフロント(枠)が、自身の顔幅より広いものは不可です。

大切なフィッティング

既製品であるフレームを個々千差万別の顔にかけさせるためには、顔に合わせるフィッティング調整が必要不可欠です。
最近は軽いとか弾力性があるという言葉でだれにでもフィットするかのように思わされている状況もありますが、そんなことはありません。これらはかけ心地だけを言っているのであり、眼鏡にはさらに光学的調整が必要だからです。
人間の視線は水平からやや下方を向くためにフロント枠は下方に僅かに傾けるのですが、耳の高さの個人差が大きいために個人個人の調整が必要です。
また最近のフレームは、何もしていなければ目とレンズの隙間(頂点間距離)が広くなりすぎる傾向があり、鼻の高さも個人差が大きいのできちんと調整されなければなりません。
しかしながらフィッティングできないフレームが最近は多いうえ、フィッティング調整を重視しない一部の販売店があることは残念なことです。

引用:湖崎 克 日本眼鏡技術専門学校

ページトップ